2012年09月15日

美しいサクラソウの立ち姿

残暑が長く続いていますが、ドングリやクリの実が落ちてくる季節となりました。
草木の葉も、いつの間にか色のトーンを変えているのに気づきます。

そんな秋めいた季節に山でサクラソウに出会いました。

sakuraso02.jpg
2012年9月15日 軽井沢 サクラソウ

5月に咲いた花がその後に実を付け、種子をこぼし、ガクの部分だけ残して枯れている状態です。枯れているとはいえ、この年の仕事をすべてやり遂げた立ち姿に、何か美しさすら感じます。

sakuraso01.jpg
うまい具合にきれいな状態で残っていたサクラソウ

だいたい、この季節になっていると、ほとんどのサクラソウは他の草にまぎれて、姿が分からなくなっていますが、たまたま良い状態で残っていました。

↓↓↓ 9月17日(月)から21日(金)まで、軽井沢の植物標本展示会を開催します。詳細は下の記事にて↓↓↓ 

いし
タグ:サクラソウ
posted by 事務局 at 20:22| なんでも日記

2012年09月13日

軽井沢の植物標本作りプロジェクト2012展示発表

 軽井沢サクラソウ会議では、昨年2011年より住民の手によって軽井沢町内にある植物の標本作りを始めました。
 岐阜大学の津田智先生のご指導のもと、昨年11月には第27回軽井沢町総合文化展にて、初めての発表を行いました。
 2年目となる今年も会員の手によって多くの標本をつくりました。成果を発表する場を設けましたので、是非ご覧に来て下さい。
 陸前高田市立博物館で津波被害にあった貴重な植物標本のレスキュー活動についての展示もします。


ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)

軽井沢サクラソウ会議 植物標本作りプロジェクト 住民参加型調査の発表

植物標本を作って

調べよう!今の軽井沢

伝えよう!100年後へ
−軽井沢に今ある花を押し花にしました−

ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)

期間 2012年9月17日(月)〜21日(金)
時間 10:00〜16:00 無料
会場 旧軽井沢 花あそび会議室
(三笠通り 町営駐車場の2軒先)料

問合せ先、詳しい地図は末行のチラシを御覧ください

2012hyouhon.jpg

下をクリックするとチラシが表示されます
標本チラシ(PDF書類659KB)

タグ:植物標本
posted by 事務局 at 18:03| なんでも日記

2012年08月26日

盆花のこと

20120814142332.jpg
お盆になると、軽井沢の人たちは、身近にあった花々を「盆花」として仏壇に供え
て、先祖の霊を慰めたそうです。
時には、子供たちは、炭俵一杯の花を抱えて、別荘の人たちに売り歩いてお小遣いに
もしたそうです。
それほど身近にたくさんの野の花があったのだそうです。「美しい花があるのがあた
りまえだった」のです。(『もう一度見たい!軽井沢の草原・湿原』p.118〜120参照
のこと。2005年発行)

私は、「盆花」という言葉を何度も地元の方からお聞きしていたのですが、今年、あ
る会員K.N.さんのお宅で、実際に盆花をお供えしているところを見せていただい
て、本当にきれいだ、これが軽井沢の人たちの、「暮らしの豊かさ」ではないか、と
心から思いました。

ご本人に、この写真をブログに出してもいい、と云うご了解を得ることができました
ので、皆さんにも見ていただきたく載せます。(ご本人は、これらの花を取るため
に、軽井沢のあちこちを車で探しまわって、やっと、このみごとなお花をお供えでき
たそうです。でも、キキョウだけは自然のものを取るに忍びなく、ご自宅で栽培して
いたものだそうです。)
(今 来代)
posted by 事務局 at 21:18| なんでも日記

2012年08月22日

サクラソウ会議主催の再草原化実験プロジェクトの草刈りに参加して

H.24.8.20             山岸 記

(以下、3回に分けて送ります。( )内は、編集部で付けた説明です。)

                                                                                                                            

1  さあ草刈りです                                                                                                         

                                                                                                                            

 前日の雨天延期、当日も明け方近くまでの雨で今日も延期かなと思いながらメールを

見たが延期の連絡は無く、急いで顔を洗って出発したのが4時半過ぎ。

   久しぶりの作業衣、薄手の雨合羽に長ぐつ、首にはタオルに頭にシャッポ(古い・・)

の重装備。    

   集合した車は6台、数珠繋がりで草刈り現場の三ツ石近くの国有林までほぼ数分。

軽井沢に住んでいてもこんなに近くでこんなに鬱蒼とした森に入るのは  初めてで、

一人であったら迷ったのかな?と思うほど。                                                                                                   

 数分後、そこだけぽっかりと空が抜けている草原、とは言ってもヤブに近いかな、

に出た。既に、このプロジェクトのリーダーである岐阜大学の津田先生ほか何人かが

待っており、計12人。(後から1一人参加で、13人でした。)    

                                                                                             

広さはどれぐらいでしょうか。この場所は数年前の台風による倒木の跡地で、4年前

から再草原化の実験地として選ばれたそうです。

 

(↓2007年の台風で倒れたカラマツ林の状況)

 

 

全体を3分割し、1/3はそのまま、1/32年に1度、残る1/3は毎年草刈りをし、

継続的に観察を続けて来たとのこと。

説明: IMGP1104 (まだ薄暗い517分 打ち合わせ)

説明: 説明: C:\Users\imashiro\Pictures\2012-08-13\046.JPG (再草原化実験のデータを取るので、

                       植物の採集・移植はしないで!)

 

   

説明: 説明: C:\Users\imashiro\Pictures\2012-08-13\040.JPG

(奥の部分が4年間刈り取りをしない放置区。雨の多い日本では森林化する。人間が

手を入れないと「半自然草原」は維持できないことがわかる。)

 

そのままの部分(↑写真)は既に2M以上に成長したタラの木などの雑木が繁り、

2年に一度の草刈りエリアでは野バラや萩、などの草丈の低い植物に交じってススキが

かなり交じっていた。

 

 毎年草刈りをしているエリアでは、かなり草原という雰囲気が感じられた。

 

ビーバー部隊7人がエンジン音をたてて草刈りを開始したのは5時半を少し回った頃で

しょうか。

 

 

 

機械を持たない私をはじめ5人は刈られた草などを道路脇まで搬出

する役割です。

1時間後に少し休憩、その後更に1時間超の作業は正直思ったより老体にはかなりキツイ。

説明: IMGP1106

 

休憩の際の冷たい飲み物、茶菓子、それに会員さんが作ったブルーベリーでホット一息。

黙々と作業を続けたが、天候も回復し、気温が上がると汗が体中を流れ始め、7時半ごろ

には疲れがピークに。足が段々上がらずに何度も切り株で転倒寸前、アブナイアブナイ。

 

                説明: IMGP1108   

(コードではススキに太刀打ちできない!急きょ、金属刃に交換)           

 

 その間、萩・ヒヨドリバナ(フジバカマによく似た)などの野花を楽しんだり、説明: 説明: C:\Users\imashiro\Pictures\2012.08.15三ツ石草刈り\IMGP1111.JPG

 

野バラの実をつまんでみたり(酸っぱくておいしいとは言えなかったが・・)、草の香り

いっぱいの2時間超の作業だった。        

 

                            

(こんな草の山が至る所にできる。搬出が大変、でもおかげで埋土種子が発芽できる。)

-->
posted by 事務局 at 17:23| なんでも日記

2 帰ってきた オミナエシ

 6月にはアヤメが、少し前にはノハナショウブの小さな群生(?)が見つかったという話

が有った。

 

説明: 説明: C:\Users\imashiro\Pictures\2012-08-13\037.JPG   

 

  昨年始めてオミナエシが確認され、今年はもう一株見つかった。確かに自分の目の

前にオミナエシが咲いていた。ミソハギが咲いていた。                                                                                                     

                                                                                                                            

 この時期には町内のあちこちで見かけるこの花、決して珍しくはない。なのに不思議

な感動があった。

 このオミナエシたちがどこから来て、どうやってここに咲いているのか。風に乗って

来たのか、それとも長い間森の中でこの日のくることを待っていたのかな。                                                                                                    

 自然が持つ復元力のしぶとさにはただただ驚きと尊敬を感じた。私のどこかに残って

いる軽井沢の原風景がこの地にどこまで帰ってくるのか、期待してしまう。      

-->
posted by 事務局 at 15:24| なんでも日記

3 私の中の軽井沢里山風景のこと

  私が小さい頃、昭和20年代には周辺には季節季節の野花が咲き乱れていた。         

町の私の世代の人たちとの話には、「昔はこんな花どこにもあったよね」と、よく出る。                                                                                                   

  本当にそうだったんです。春先のサクラソウ・オキナグサ・スミレ・フデリンドウなど

に始まって     初夏から盆の頃にかけてはヤマオダマキ・コオニユリ・カワラナデシコ

・キキョウ・マツムシソウなど、花の名前は正確ではないが次々と思い浮かぶ。

  森はコブシ・ヤマザクラで彩られる。

盆が過ぎる頃はススキの穂が風に揺れ、アサマリンドウ        (エゾリンドウ?)・ワレモコウなどなど・・                              

 

  草原や森は子供たちの遊びだったのです。至る所に自然の恵み、初夏のクワ・グミ、

夏休みの頃にはバライチゴ(?)・木イチゴ、中でも草原(原っぱと呼んでいた)にはハシバミ

の実はなによりのおやつだった。表面の緑の薄皮をむき、白っぽいうすい殻を破ると、

真っ白で柔らかな中身が口の中に広がる。カシューナッツのような柔らかな甘みが有った。

本当に懐かしいが今はどこにも見かけなくなった。

 

  秋はまた子供たちへの自然の恵みがいっぱい。くり・アケビ・野ブドウなどを採ることに

夢中になって、学校の帰り道でも、辺りが薄暗くなるまで遊んでいたもの。                                                                                                    

  私のこの地での原体験は、語りつくせない、忘れられない思い出として体に深くしみ込ん

でいる。どこにそんな場所が有ったのか、今ではすっかり森の中の街になってしまった軽井沢。                                                                                                   

  観光客の大部分、町の若い世代の皆さんは、この町は昔からこんなだっと思うに違いない。                                                                                                   

  ゴルフ場となった地蔵が原・早稲田グランド後から離れ山周辺・大賀ホール/矢ケ崎公園

周辺などは多くの子供たちの格好な遊び場であり、春先は一面がサクラソウの自生地でもあ

った。今ではそのどこにも昔の面影は残っていない。                                                                                                                                                         

4 参加して今、思っている事、そして子供達に繋ぐ草原    

                                                                                             

  正直少し疲れた。でも心地よい疲れと言ったらよいのか、そして嬉しかった。でも

遠い昔を思うだけでは、あの草原の花たちはもう帰ってこない。  以前からどこかの一角

でもいいから、あの頃の里山が戻って欲しいと思っていた。思っていたが何の行動も

起さない自分がいる。

                                                                                                             

  この度お誘いがあっての草刈り、軽井沢での再草原化への実験プロジェクト。                                                                                                    

  昔の草原をそのまま復活させるの、今となっては不可能なことでしょうが、

せめてこの地が子供たちが喜んで野花を楽しみ、いつくしみ遊ぶ場所になってくれると

嬉しい。                                                                                                       

                                                                                                                            

  懸命にこのプロジェクトに取り組んでこられた津田先生をはじめサクラソウ会議の

メンバーの皆様の大変な努力で成果が見え始めたが、町内にはもっと沢山の理解者もい

るのではないか。

 

                                                                               説明: 説明: C:\Users\imashiro\Pictures\2012.08.15三ツ石草刈り\IMGP1124.JPG

                                                                                                                            

  この活動をもっと多くの人たちにその意義と楽しさを伝える工夫が必要と思うが、

とりわけ次の世代の小中学生への働きかける価値が有ると思う。彼らの未来のためにも。                                                                                                  

 

  自分が出来ることが有れば草刈り作業を含めてこれからも協力して

行きたい。                                                                                                                         以上

 

-->
posted by 事務局 at 15:21| なんでも日記

2012年08月14日

三ツ石 再草原化実験地の草刈りは、 明日の同時刻に延期します

雨が6時からまた降り出す予報なので、今日は、中止します。

明日、815日の同時刻に変更したいと思います。

 

よろしくお願いします。

 

軽井沢サクラソウ会議事務局

posted by 事務局 at 04:39| なんでも日記

2012年08月07日

ユリの香りがそこここに

IMGP1078.jpg

今週になって、急に、林の中に、ヤマユリやウバユリの香しさが漂って来るようになりました。
8月4日、南軽井沢で出会った、ウバユリの群落です。 たくさんのユリが、一斉に咲き出して、先週まで暗かった林の中が賑やかなこと!ウバユリを見直しました。 旧道では、こんな景色は、お猿さんたちに荒らされて、まったく見られなくなってしまったそうです。 皆さんのお近くではいかがですか。同じ町でも、色々なんですね。軽井沢は広いですね。(今 来代) 
posted by 事務局 at 00:04| なんでも日記

2012年07月31日

三ツ石、再草原実験地のノハナショウブ

2009年から毎年1回だけ刈り取りをしている三ツ石の再草原化実験地で、今年2012年、、ノハナショウブが30株以上花をつけているのが発見されました。これまで津田先生の3年間の調査にも記録されていなかった種です。

 

これも、暑いさなか、刈り取り作業をしてくださったボランティアの皆さんのおかげです。ご報告します。

 

今年の刈取りは  8月14日(火)、早朝、午前5時〜8時まで です。

 

ボランティア募集中です、詳しくは事務局までお問い合わせください。

 

(今年は、2年に1回隔年刈り取り区も、刈る年にあったっていますので、昨年の2倍、少なくとも10人以上人手が必要です。人数が多ければ多いほど一人当たりの作業は楽になります。

お忙しい時期でしょうが、ぜひご参加お願いします。

もちろん早退参加も、歓迎です。)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2007年の台風によるカラマツ倒木だらけの実験地

 

全く同じ場所の20125月 刈り払いを3回実施後の春先の様子

西隣は、アカマツ、カラマツ林

2012723日 ノハナショウブの群落発見!(写真が下手で、すいません。)

 

未来の三ツ石のイメージ写真(毎年、野焼きをしている北海道小清水原生花園のノハナショウブ)

――♪ こんなに増えるといいですね ♪――

 

軽井沢サクラソウ会議事務局

 

-->
posted by 事務局 at 16:09| なんでも日記

2012年07月26日

サクラソウに種が付いていました

すっかり暑くなり、いよいよ夏本番です。
軽井沢の町がにぎやかになってきました。

さて、サクラソウにたくさんの実が付いて、その実が割れて、中からたくさんの種子が顔をのぞかせていました。

sakuraso01.jpg
2012年7月26日 軽井沢のサクラソウ 種子
(ガクの裏には怪しいイモムシ君)

ドングリみたいな実がとても可愛いですね♪
それが帽子を取ったみたいにパカッと割れて、中から小さな種子がこぼれます。

こうして春に花が咲き、昆虫たちの助けを借りて受粉し、実を付けています。
また来年、花が咲きますように。

sakuraso02.jpg
サクラソウ全体の姿


いし
タグ:サクラソウ
posted by 事務局 at 16:47| なんでも日記