2013年08月13日

アサマキスゲへ お客さん

アサマキスゲは、美味しいらしく、毎日アブラムシを取っていても、

花や茎にアブラムシが沢山ついてしまします。

 

ところが、そんなアサマキスゲの花に “お客さん!”

どこにいるかお分かりですか。

シュレーゲルアオガエルでしょうか。

 

「ボクの姿はだれにも見えないはずだ!」

と確信しているようでした。

(今 来代)

-->
posted by 事務局 at 23:53| なんでも日記